• トップ /
  • エレベーターはマンションの資産

マンションのエレベーター

エレベーターはマンションの資産

良いマンションは共用部分も上質

マンションの快適性を大きく左右するのが共用部分です。特に上層階に居住する場合に欠かせないのがエレベーターです。日本の建築基準法ではかなり厳しく安全性能について定められており、定期点検や日常の保守点検はかかさずに実施されていますが、やはり老朽化のために将来は全面的なリフォーム改修工事が必要となります。エレベーターを全面的に撤去して交換作業を行う場合は、10階建て程度のマンションである場合には1機あたり1,500万円程度の費用がかかりますので、その工事費用について修繕積立金の中から予定しておくことが望ましいと言えます。10階建てで2つのエレベーターがあり、25年で全面更新とするのであれば3,000万円となりますので、年間の修繕積立金のうち100万円程度をエレベーターリフォーム用として考えておくと安心です。マンションの大切な資産でもあるエレベーターは、住民にとってもきわめて重要です。安全性が最優先される設備ですので、日常的な点検は欠かせません。しっかりと業務を行ってくれる保守業者への依頼と、信頼のできるメーカーでの工事を検討しましょう。老朽化が進んでいない場合でも、操作パネルやドアなどの部分リフォームも、満足度を高める方法として有効です。

↑PAGE TOP

Menu